文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > IR情報 > 財務・業績 > 商品群別の概況

IR情報 日本光電のIR情報を掲載しています。

商品群別売上高推移

商品群別売上構成比 商品群別売上高推移

(単位:百万円)
  2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
生体計測機器 39,218 37,658 39,323 40,773 42,273
生体情報モニタ 54,823 56,117 59,229 61,978 64,966
治療機器 30,611 29,728 32,892 33,149 34,512
その他 40,868 42,781 42,804 42,898 43,254
合計 165,522 166,285 174,249 178,799 185,007

ページの先頭へ

生体計測機器

脳波計、筋電図・誘発電位検査装置、心電計、心臓カテーテル検査装置、診断情報システム、関連の消耗品(記録紙、電極、カテーテルなど)、保守サービスなど

生体計測機器
ECG-3150  
   心電計 ECG-3150

2020年3月期: 前期比3.7%増
国内 脳神経系群は前期実績を下回ったものの、心臓カテーテル検査装置群が好調に推移しました。心電計群は前期並みにとどまりました。
海外 心電計群は前期実績を下回ったものの、脳神経系群が好調に推移しました。

ページの先頭へ

生体情報モニタ

心電図、呼吸、SpO2(動脈血酸素飽和度)、NIBP(非観血血圧)等の生体情報を連続的にモニタリングする生体情報モニタ、臨床情報システム、関連の消耗品(電極、センサなど)、保守サービスなど

生体情報モニタ
PVM-4000  
 ベッドサイドモニタ PVM-4000

2020年3月期: 前期比4.8%増
国内 新製品のベッドサイドモニタや医用テレメータが売上に寄与したほか、筋弛緩モジュールや超音波プローブなどの高付加価値のオプション品も好調に推移しました。
海外 米州、欧州、アジア州ともに増収となり、特に欧州での売上が大幅に伸長しました。

ページの先頭へ

治療機器

除細動器、AED(自動体外式除細動器)、人工呼吸器、心臓ペースメーカ、麻酔器、人工内耳、関連の消耗品(電極パッド、バッテリなど)、保守サービスなど

治療機器
NKV-330
   人工呼吸器 NKV-330

2020年3月期: 前期比4.1%増
国内 AEDは販売台数の減少により減収となったものの、除細動器、人工呼吸器が大口商談の受注に加え、新製品効果もあり、大幅に伸長しました。
海外 除細動器は減収となったものの、AEDが堅調に推移しました。当社初の自社製人工呼吸器も、各国で許認可を取得後に順次発売し、徐々に販売実績が出始めました。

ページの先頭へ

その他

血球計数器、臨床化学分析装置、超音波診断装置、研究用機器、消耗品(試薬、衛生用品など)、設置工事・保守サービスなど

その他
MEK-1303+HbA1c  
  全自動血球計数・免疫反応測定装置
  MEK-1303


2020年3月期: 前期比0.8%増
国内 診療所向けの検体検査装置が好調に推移し、医療機器の設置工事・保守サービスも好調だった一方、現地仕入品が減収となりました。
海外 血球計数器が中南米、欧州、アフリカ諸国で増収となり、また、米国で医療機器の設置工事・保守サービスが好調でした。

ページの先頭へ

関連資料

決算参考資料

決算参考資料(PDF、EXCELファイル)では、四半期毎の決算ハイライト、商品群別売上高、地域別海外売上高を掲載しています。

ファクトブック

過去10年間の業績の推移と主要指標の推移を、PDF、EXCELファイルで掲載しています。

IR情報

経営方針

日本光電の事業活動の指針となる経営方針をご紹介します。

財務・業績

日本光電の直近の決算概要、過去5年間の業績をご覧いただけます。

IR資料室

日本光電の決算に関する書類をご覧いただけます。

株式・債券情報

日本光電の株価や配当金、株主総会、債券情報をご覧いただけます。

ページの先頭へ