代表取締役

社長執行役員Chief Executive Officer

代表取締役

株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。当社グループは、2023年9月30日をもちまして第73期上半期を終了いたしましたので、ここにその概要をご報告申し上げます。
第73期上半期は、国内では、医療提供体制の見直しが進められるとともに、医師の働き方改革に向けたタスクシフトや業務の効率化が推進されました。海外においても、欧米での看護師不足や金利上昇の影響が残る中、先進国、新興国ともに医療の質向上と効率化に資する医療機器の需要は概ね堅調に推移しました。国内において消耗品・サービス事業が想定を上回って推移し、海外においては為替が円安に推移していることから通期の業績予想を上方修正しました。
株主様への還元につきましては、長期安定配当の基本方針を継続し、当期の1株当たり中間配当金は30円とさせていただきました。引き続き、通期見通しの達成に向けて全社一丸となって取り組みます。
当期は中期経営計画「BEACON 2030 Phase I」の最終年度となりますが、「世界中の人と医療の未来を導く光となりたい」という想いを込めて策定した長期ビジョン「BEACON 2030」の実現に向け、「基盤の強化」を完遂します。2024年4月からスタートする次期中期経営計画では、「Phase I」における基盤の強化により生み出した利益を活用し、新たな成長領域への投資を本格化する「成長への投資」フェーズに移行する予定です。「グローバルな医療課題の解決で、人と医療のより良い未来を創造する」という長期ビジョンの実現に向け、収益改善と再投資を効果的に行い、持続的成長と企業価値向上に注力します。次期中期経営計画は2024年3月~5月に公表する予定です。
株主の皆様におかれましては、より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。