日本光電は、東京マラソン2024をAEDで応援しました

ランナー、ボランティア、観客によって「東京がひとつになる日。」
2024年3月3日(日)、東京マラソン2024が開催されました。


日本光電はサポーティングパートナーとして、前回大会同様にAED貸出と運営サポートを行いました。
みなさまが東京マラソン2024の大会コンセプト「私のお気に入りの場所(My Favorite Place)」を心に描いていただけるように、当社は協賛を通じて大会をAEDで支えるとともに、AEDを含む心肺蘇生の普及啓発に貢献したいと考えています。

AEDと救護ボランティアが大会をサポート

マラソン中に万一のことが起きたとき、1分1秒でも早く救命処置が行えるよう、各救護所にAEDを設置するほか、コース上にも大会の救護ボランティアが日本光電のAEDを持って待機しました。
また、当社スタッフも“BLS(basic life support、一次救命処置)サポート隊”としてランナーの皆さんの安全を見守りました。

[AED配置場所]

[当社スタッフ配置場所]

※上図はイメージです。配置場所と台数・人数は実際とは異なります。

東京マラソンEXPO 2024

東京マラソン2024のランナー受付をはじめ、東京マラソン2024オフィシャルパートナーの出展ブース、最新のスポーツギア、スポーツアパレルの販売等、多くのデモンストレーションを体験することができる「東京マラソンEXPO 2024」が、2024年2月29日(木)~3月2日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。

日本光電ブースでは、いざという時ためらいなく救命処置が行えるよう、AEDの正しい使い方や救命関連機材を紹介しました。
※展示機種:オートショックAED(AED-3250)、モバイルAED(AED-M100)、トレーニング機材(TRN、アクトキッズ)ほか

また、心肺蘇生の手順を紹介したクリアファイルや、AEDの構造や仕組みがわかるペーパークラフトの配布を行うほか、今年は新たに、日本光電のAEDキャラクター「かえでちゃん」と一緒に写真を撮れるコーナーをご用意しました。

TV CM

キーフレーズは、「救命先進国を、つくれ。」
1分1秒を争う心肺蘇生を、スポーツ現場の臨場感をだしながら、使用率アップにつなげる「パッケージの小型・軽量化」「音声ガイダンス」などの特徴もからめて表現しています。
AEDの普及は進んできていますが、使用率はまだ十分といえません。
一人でも多くの命を救うために、日本光電はAEDの普及や啓発にこれからも取り組んでまいります。

1分1秒でも早い救命処置のために AEDへのアクセス拡大を使命に

心室細動とは、心臓の筋肉がけいれんしたような状態になり、全身に血液(酸素)を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つ。心室細動で倒れた人には、胸骨圧迫や人工呼吸などの心肺蘇生だけでなく、一刻も早く除細動器(AEDを含む)で心臓に電気ショックを与え、心臓のリズムを元に戻しポ ンプ機能を再開させる必要があります。電気ショックの成功率は1分経過するごとに7~10%低下してしまうため、これは時間との勝負。1分1秒でも早く、 電気ショックを行うことが重要なのです。

日本光電は、日々の企業活動の一環として、AEDへのアクセス拡大による蘇生率の向上を目指しています。その一つとして、スポーツ中の突然死を減らすために、全国のロードレースやランニングイベントにおいて、「AED」と「ランナー」の距離を縮めるためのMobile AEDの普及に取り組んでいます。
ただ単にスポーツ大会へAEDその他の蘇生機材を提供するだけでなく、取り組み事例の紹介やランナー・大会関係者へのお役ち情報等を発信し、ハードとソフト両面の提供で、その活動を推進しています。詳しくは「日本光電RUNライフ」をご覧ください。

関連リンク