文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > プレスリリース > 2019年 > 生体情報モニタ SVM-7200シリーズ 新発売

ニュース

2019年07月31日 製品情報

生体情報モニタ SVM-7200シリーズ 新発売

日本光電はこの度、患者さんのバイタルサイン(非観血血圧、SpO2、脈拍数)を測定する生体情報モニタ SVM-7200シリーズ(商品コード:SVM-7230/7250/7260)を発売しました。
本製品は、患者さんの体調変化を見守るために、ユーザビリティを追求して開発したコンパクトな生体情報モニタです。
小型軽量でハンドル付きのため、簡単に持ち運びができるほか、直観的で分かりやすい操作性を実現し、医療機関の様々な場面での活用を想定しています。
コンパクトながら、当社独自のパラメータ技術として定評のある、非観血血圧測定アルゴリズムiNIBP (※1)やSpO2アルゴリズムNPi(※2)に加えて、安全なモニタリングをサポートするSI(※3)、RPP (※4)の算出が可能です。
本製品の価格は、50万円(SVM-7260本体、記録器内蔵)で、国内の医療機関において初年度200台以上の販売を見込んでいます。

本製品の主な特長は次のとおりです。
1.コンパクトサイズで持ち運びもらくらく
小型軽量でハンドル付きのため、持ち運びもらくらく。オプションの架台を使用すれば、医療機関内で素早く移動が可能。

2.直感的で誰にでも分かりやすい操作性
8型タッチパネルディスプレイでは使う頻度の高いキーを任意で配置でき、直感的な操作が可能。初めて操作する人でも簡単に使用できるよう、ガイド機能を搭載。

3.優れたパラメータ性能
ハイエンドベッドサイドモニタと同等性能のアルゴリズムであるiNIBPやNPiに加えて、SIやRPPの算出も可能となり、より安全なモニタリングをサポート。

<用語説明>
※1 iNIBP:直線加圧測定方式の血圧測定アルゴリズム。血圧カフを締めつけすぎず、短時間で測定。
※2 NPi:アーチファクト(ノイズ)対策を強化したSpO2アルゴリズム
※3 SI(Shock Index):出血性ショックの指標
※4 RPP(Rate Pressure Product):心臓が必要とする酸素量の指標

<主な製品規格>
ディスプレイ: 8型TFTカラーLCD、1トレース(SpO2
波形表示項目: 脈波
数値表示項目: 非観血血圧値、SpO2値、脈拍数、RPP、SI
電源:   AC100V~240V 140VA以下(AC電源使用時)
    DC7.2V(オプションのSB-720P内臓時、約6時間連続使用可)*
    * 当社指定条件の場合
寸法・質量: 幅232×高さ246×奥行135mm(本体のみ、突起部含まず)
    約2.1kg(本体のみ)

<医療関係者向け製品紹介ホームページはこちら>
SVM-7200シリーズ
https://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/monitor/01_bedside/SVM-7200.html

<製品写真>
 SVM-7260  SVM-7260
生体情報モニタ SVM-7200シリーズ (商品コード:SVM-7260)


お問合せ先: 生体モニタ事業本部 事業企画部
TEL 03-5996-8099
 
※本プレスリリースは報道関係者向けに発表した情報で、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

ページの先頭へ

日本光電について

会社概要

日本光電・関係会社の概要をご紹介します。

日本光電の姿勢

企業理念に基づく事業方針をご説明します。

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ