文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 医療機器リモート監視システム MD Linkage サービス開始

ニュース

2018年06月15日 製品情報

医療機器リモート監視システム MD Linkage サービス開始

日本光電はこの度、お使いいただいている機器の状態を常に見守る医療機器リモート監視システム MD Linkage(エムディーリンケージ)のサービスを開始します。
MD Linkageは、現在販売中の全自動血球計数器 MEK-9100 セルタックGおよび新発売の全自動血球計数・免疫反応測定装置 MEK-1303 セルタックα+向けの新しいサービスです。機器に接続したMD Linkage通信ボックスから、機器の稼働情報をサーバに自動送信することで、当社コールセンタにおけるリモート集中監視を可能にしました。
当社コールセンタでは、機器の異常・故障を検知した場合や予防保守が必要と判断した場合には、お客様にお電話で状況を確認します。また、点検・修理が必要な場合には、全国約70ヵ所の現地フィールドサービスと連携し、迅速かつ的確に対応することで、機器のダウンタイム削減に貢献します。なお、本サービスは、当社が提供する豊富な保守点検プランに含まれるサービスの一つです。
将来的には、本サービスに対応する機器のラインアップを増やす予定です。また、蓄積したデータを活用し、本サービスのさらなる充実を目指します。

本サービスの主な特長は次のとおりです。
1. 当社コールセンタと全国の現地フィールドサービスが連携
当社コールセンタで機器の異常を検知した場合や予防保守が必要と判断した場合には、お客様にお電話で状況を確認するとともに、全国約70ヵ所の現地フィールドサービスと連携し、早期の障害復旧を目指します。

2. 機器に関する様々な稼働情報を自動的に収集
機器に内蔵している各種センサの値や部品の動作回数、動作ログ、内部設定等の様々な稼働情報を自動的に収集し、将来的には、蓄積したデータを活用したサービスの提供を目指します。

3. 情報セキュリティを考慮した設計
機器から送信するデータには個人情報、医療情報は含みません。MD Linkage通信ボックスから、携帯電話無線網を利用した専用の閉域網※を介してサーバにデータを送信するため、安全性、信頼性に優れています。

<価格>
保守点検プランの契約内容により異なります。詳細はお問い合わせください。

<用語説明>
※閉域網:インターネットを利用しない専用のネットワークで、インターネットと比べて安全性、信頼性が高いとされる。


医療機器リモート監視システム MD Linkage

医療機器リモート監視システム MD Linkageをご利用いただいた総合的な保守サービス体制

※プレスリリースに掲載されている内容、サービス、製品の仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※MD Linkage(エムディーリンケージ)は、商標登録出願中です。



お問合せ先: カスタマーサービス本部 事業推進部
TEL 03-5996-8026

ページの先頭へ

日本光電について

会社概要

日本光電・関係会社の概要をご紹介します。

日本光電の姿勢

企業理念に基づく事業方針をご説明します。

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ