文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > 経営方針 > 医療機関等との関係の透明性に関する取り組み

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、サステナビリティを掲載しています。

日本光電は、病魔の克服と健康増進に先端技術で挑戦し、世界に貢献する企業として社会の信頼に応えることを経営理念としております。医療機器による病気の診断・治療等のニーズに応えるため、医療機器の開発・製造等を行うに当たっては、医療機関、研究機関および医療関係者等との連携が必要不可欠になります。
一方で、このような産学連携活動においては、利益相反を生じるおそれがあることから、日本光電は、医療機関等との関係の透明性・信頼性を確保し、その事業活動が医学・医療工学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、および高い倫理性を担保した上で行われていることについて広く理解を得ることが重要であると考えます。
そのため、日本光電は、一般社団法人日本医療機器産業連合会が策定した「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、医療機関等との関係の透明性に関する指針を定め、医療機関等への資金提供に関する情報を公開しております。
日本光電では、今後も医療機関および医療関係者等の皆様のご協力をいただき、透明性を担保しながら、「病魔の克服と健康増進」のために、革新的な医療機器を創造し、世界中のお客様にお届けすることに、より一層邁進してまいります。

ページの先頭へ

一般・学会等寄附サポート

日本光電では、医学・医療機器等の教育およびその関連活動への支援のため、ご申請に対し審議を行い寄付金を拠出しています。 
支援をご希望の方は、こちらのリンクからお申し込みください。
なお、現在、奨学寄附金の受付はしておりません。


ページの先頭へ

関連リンク

日本医療機器産業連合会

「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」策定について
「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」本文
   2017年3月改定    2019年4月改定

ページの先頭へ

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

サステナビリティについてご紹介します。

ページの先頭へ