NIHON KOHDEN Recruiting site

MENU

ENTRY

  1. HOME
  2. 製品を知る
  3. 全自動血球計数器/臨床化学分析装置

血液検査にスピードを。感染症や糖尿病など重篤疾患の早期発見に貢献する。


血液検査にスピードを。
感染症や糖尿病など
重篤疾患の早期発見に貢献する。

全自動血球計数器/臨床化学分析装置

全自動血球計数器/臨床化学分析装置

  • 製品名:全自動血球計数器/臨床化学分析装置/高DNA量測定装置
  • 使用シーン:検査・診断
  • 特徴

    全自動血球計数器は、血液中の赤血球・白血球・血小板の血球数や赤血球中のヘモグロビン量を測定する機器。臨床化学分析装置は、炎症の度合いを定量的に示すCRP(シー・アール・ピー)値や糖尿病の管理指標となるHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)といった血液検査にも対応。採血後、迅速に検査結果を確認できることは、的確な診断や重篤な疾患の早期発見に役立っている。
    高DNA量測定装置は脳神経外科における手術で摘出した細胞のDNA量を迅速に測定できるフローサイトメータであり、細胞の増殖時に増加するDNA量を10分以内と迅速かつ簡単に、定量的に測定できるため、術者や病理医、患者様の負荷軽減および検査の標準化につながることが期待されます。

  • 製品名:全自動血球計数器/臨床化学分析装置/高DNA量測定装置
  • 使用シーン:検査・診断
  • 特徴

    全自動血球計数器は、血液中の赤血球・白血球・血小板の血球数や赤血球中のヘモグロビン量を測定する機器。臨床化学分析装置は、炎症の度合いを定量的に示すCRP(シー・アール・ピー)値や糖尿病の管理指標となるHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)といった血液検査にも対応。採血後、迅速に検査結果を確認できることは、的確な診断や重篤な疾患の早期発見に役立っている。
    高DNA量測定装置は脳神経外科における手術で摘出した細胞のDNA量を迅速に測定できるフローサイトメータであり、細胞の増殖時に増加するDNA量を10分以内と迅速かつ簡単に、定量的に測定できるため、術者や病理医、患者様の負荷軽減および検査の標準化につながることが期待されます。

Topic

1972年に開業医向けの初代機を開発。動物用の血球計数器の分野でも1988年に国内初となる動物用専用機を発売開始。この分野のパイオニアとして支持されている。
また、国内だけでなく海外にも試薬製造工場を展開するなど、グローバル化の強化を図っている。