NIHON KOHDEN Recruiting site

MENU

ENTRY

  1. HOME
  2. 製品を知る
  3. パルスオキシメータ

医療現場に革命をもたらした大発明。

パルスオキシメータ
医療現場に革命をもたらした
大発明。

パルスオキシメータ

  • 製品名:パルスオキシメータ
  • 使用シーン:救急医療、検査・診断、手術・治療、療養・リハビリ
  • 特徴

    指先にセンサをはめるだけで、動脈血中の酸素飽和度を測定できる装置。それまでは採血により測定していたが、患者様の痛みを伴うことや、検査結果が出るまでに時間がかかり急変を見落としてしまう等の欠点があった。1974年、パルスオキシメータの発明により、それらの問題が解決され「痛みをともなうことなく、リアルタイムに、連続して」測定できるように。今では世界中の医療機関で使用され、医療に多大な功績を残している。

  • 製品名:パルスオキシメータ
  • 使用シーン:救急医療、検査・診断、
           手術・治療、
           療養・リハビリ
  • 特徴

    指先にセンサをはめるだけで、動脈血中の酸素飽和度を測定できる装置。それまでは採血により測定していたが、患者様の痛みを伴うことや、検査結果が出るまでに時間がかかり急変を見落としてしまう等の欠点があった。1974年、パルスオキシメータの発明により、それらの問題が解決され「痛みをともなうことなく、リアルタイムに、連続して」測定できるように。今では世界中の医療機関で使用され、医療に多大な功績を残している。

Topic

発明者は、当社の青柳卓雄。1974年、世界で初めて発表された。センサ部分も自社開発しており、センサ販売金額は国内トップシェア。
「医療の質向上に多大な貢献をしたパルスオキシメータの先駆的な発明」が高く評価され、青柳は、この度、IEEE(米国電気電子学会)よりIEEE Medal for Innovations in Healthcare Technologyを受賞した。本賞は日本人として、青柳が初の受賞となる。