NIHON KOHDEN Recruiting site

MENU

ENTRY

  1. HOME
  2. 人を知る
  3. 海原大輝

正確な知識・メンテナンスは当たり前。期待を超える付加価値を、どれだけ提供できるだろう。

正確な知識・メンテナンスは当たり前。期待を超える付加価値を、どれだけ提供できるだろう。

海原大輝 Hiroki Kaihara

海原大輝 Hiroki Kaihara

カスタマーサービス本部 AS東京 立川サービスセンタ/2010年度入社

カスタマーサービス本部 AS東京
立川サービスセンタ/2010年度入社

幼い頃、祖父が難病を患い不自由な通院生活を送っているのを目の当たりにし、医療に興味を持つ。大学の研究室で日本光電の医療機器に出会い、参加した会社説明会の内容に感銘を受け、入社を決意する。


自分だからこそできる仕事を。

「ただ作業するだけなら誰でもできる。日本光電のサービスエンジニアが行くんだから、自分にしかできない付加価値を必ずひとつは提供してこい」。入社当時、先輩から言われたこの言葉が、今でも僕の行動指針になっています。なにも難しいことじゃなくていい。たとえば、機械を設置している裏側は、埃やゴミがたまりやすい。病院の方も掃除はしたいけれど、精密な機械なので安易には動かせない。だったら僕たちが製品を修理した時に、キレイに掃除すればいいんです。それだけで、信頼関係は深くなる。言われたことだけをやるのではなく、自ら考え、動ける人が、日本光電には合っていると思います。そういう意味ではエンジニアも、技術力や製品知識だけでなく、コミュニケーション力や提案力が求められる。一つひとつの仕事を丁寧に確実に、かつ付加価値を加えることでお客様の期待を超えていく。その結果、「次の仕事も海原さんにぜひお願いしたい」と言っていただくことができる。それこそが、カスタマーサービスという仕事の醍醐味ですね。

 海原大輝

あの人みたいになりたい、と思える幸せ。

この人になら安心して任せられる、と周囲のみんなに思ってもらえる人になることが現在の目標です。そのためにはまず、ドクターやその他のスタッフのみなさんと対等にお話ができるだけの専門知識を身に付けなければいけない。今でいえば、主に循環器関係の分野を強化したいですね。他に心がけているのは、お問い合わせいただいた時のクイックレスポンス。聞きたい時にすぐ返答が返ってくるのって、嬉しいじゃないですか。身近に尊敬できる先輩がたくさんいるので、対応方法をどんどん吸収していきたいと思ってます。先輩はどんなに仕事量を抱えていてもすぐに返してくれるんです。まるでこんなの大したことないよって言わんばかりの表情で。やっぱりかっこいいですよ。この会社は、本当に人に恵まれてると思います。立川オフィスはまだ既婚者が少ないというのもありますが、かなり頻繁にみんなでご飯を食べに行ってます。人間関係のストレスはまったくないですね。辞めたいと思ったこともありません。辞めたとしてもたぶん、ここよりいい職場には出会えないだろうなって思ってます。ただ、みんなと外食に行くことが多いので、太らないように注意は必要ですけどね。(笑)

 海原大輝

学生さんへのメッセージ

学生さんへのメッセージ

就職活動は、今しかできない経験です。色々な人とかかわる中で自分自身を見つめなおし、前向きに楽しむことを大切にしてください。面接は第一印象が重要なので、フレッシュな笑顔と元気な声を意識しましょう!

一日のスケジュール

一日のスケジュール

  8:30
出社
  9:00
社内打ち合わせ
10:00
民間病院にて点検作業
12:00
昼食
14:00
大学病院でシステム対応
16:00
国立病院で納品打ち合わせ
17:00
帰社・事務処理
19:00
退社

  • 前のページに戻る
  • indexに戻る
  • 前のページに戻る
  • indexに戻る