文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > プレスリリース > 2015年 > 米国に人工呼吸器開発子会社を設立

ニュース

2015年10月09日 お知らせ

米国に人工呼吸器開発子会社を設立

日本光電はこの度、海外市場向けの人工呼吸器の開発を目的とした子会社を米国・アーバインに設立し、事業を開始しますのでお知らせいたします。
日本光電は、中期経営計画「Strong Growth 2017」の重要課題の一つに、将来のコア事業となりうる新規事業の創造を掲げて、治療機器事業の拡大を進めています。この取り組みの一環として、日本光電の主力製品である生体情報モニタとシナジー効果のある人工呼吸器の自社開発力の強化を図っています。
この度の取り組みにより、経済成長に伴う医療基盤の整備と大幅な人口増加が見込まれる新興国向けを中心に人工呼吸器の商品ラインアップの拡充と販売網の強化を加速させ、お客様へ高品質な製品・サービスの提供に努めていきます。
なお、国内市場では、従来通りHAMILTON社製、メトラン社製の製品を販売していきます。

新会社の概要は次の通りです。 

会社名 OrangeMed, Inc. (オレンジメッド株式会社)
住所 15375 Barranca Parkway, Suite C109 Irvine, CA 92618, U.S.A.
事業内容 人工呼吸器の開発
資本金 100万USドル (日本光電工業株式会社が90%出資)
代表者 Hong-Lin Du
従業員 9名

以 上

ページの先頭へ

日本光電について

会社概要

日本光電・関係会社の概要をご紹介します。

日本光電の姿勢

企業理念に基づく事業方針をご説明します。

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ