文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > プレスリリース > 2012年 > 心電計 ECG-2500シリーズ 発売開始

ニュース

2012年03月28日 製品情報

心電計 ECG-2500シリーズ 発売開始

日本光電はこの度、新型の心電計 ECG-2500 シリーズ cardiofax Gを発売しました。ECG-2500シリーズは数々の先進的機能を搭載し、これからの時代を見据えたハイエンド心電計です。

心電計は、心臓疾患に対する最も一般的な検査機器として広く普及しています。検査に携わる医療スタッフは、検査の安全性・信頼性の向上に対しての努力をおしまず、また患者さんへの気配りをおこなうなど、強い責任感とプロ意識を持って検査に臨まれています。ECG-2500シリーズでは、このような心電図検査のプロフェッショナルの要求にお応えできるよう、数々の機能を1台の心電計に凝縮しました。

製品の主な特長は次の通りです。

Safe & Speedy:安全・確実で効率の良い検査環境を実現
・クラス最大の15インチ液晶ディスプレイを採用し、視認性を大幅に向上。ディスプレイ上に記録紙イメージを実寸大で表示可能。
・検査結果として最も重要な心電図波形の確認と、検査に必要な基本的操作などの情報のみやすさの両立を実現。かつてない視認性を確保。

User Friendly:検査をする人・受ける人への優しさを提供
・検査を実施される医療スタッフの視点に立ち、検査画面のアイコン表示や、誘導コードの改良により扱いやすさを向上。
・検査を受けられる患者さんの視点を考慮。機器本体に背面カバーを施し、検査時に患者さんに不安を感じさせないよう配慮。

Reliable:利用価値の高い検査結果を提供
・当社独自の最新の心電図波形処理技術「導出18誘導心電図」に対応。12誘導心電図に加え、右側胸部及び背部の心電図情報を提供し、虚血時に認められる心電図変化を視覚的に分かりやすく表示。
・12誘導心電図の自動解析に加え、導出誘導波形のST変化を自動解析するECAPS18※を搭載。虚血時に認められる心電図の変化を自動解析し、診断をサポート。 

Flexible:医療の中での様々なユースケースへ適応
・ディスプレイを自在に動かせるフレキシブルアームを搭載し、検査環境に合わせた自由度の高い位置調整が可能。
・操作パネル上に新たに設置したカスタムスイッチにより、操作者に使いやすい機能を組み込むことが可能。

本体価格(税抜)は340万円(ECG-2550:自動解析機能付)。今後3年間で、全国の病院検査室を中心にECG-2500シリーズ合計で1,200台以上の販売を見込んでいます。

●用語説明
※ECAPS18
導出誘導上での虚血時に認められる心電図の変化を自動解析します。12誘導心電図から得られる情報に加え、導出誘導を含めた情報により、右室梗塞・後壁梗塞の診断をサポートします。
 

<医療関係者向け製品紹介ホームページはこちら>
http://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/physio/01_ecg/ecg2500_2550.html

< 製品写真 >
心電計ECG-2500シリーズ
心電計 ECG-2500シリーズ
お問合せ先:営業本部 検査ソリューション部
TEL 03-5348-1546

ページの先頭へ

日本光電について

会社概要

日本光電・関係会社の概要をご紹介します。

日本光電の姿勢

企業理念に基づく事業方針をご説明します。

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ