NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年12月11日

中国の生産合弁会社を完全子会社化

2008年12月11日
日本光電はこの度、中国の現地生産子会社「上海光電医用電子儀器有限公司」(以下 上海光電)について、合弁相手先である上海医療器械(集団)有限公司、太陽交易(株)から資本の持分(41.4%)を買取り、完全子会社といたしました。

中国は医療水準の向上と経済発展にともない、医療機器の需要拡大が大きく見込まれます。この需要拡大に迅速かつ柔軟に対応し、経営の自由度を高める必要性から、今回上海光電を独資化しました。
日本光電は、1990年に他の日系医療機器メーカに先立ち中国・上海市に上海光電を設立し、これまで順調に中国市場における生産・販売体制を築いてまいりました。
2008年4月には、100%出資の現地販売子会社「日本光電貿易(上海)有限公司」を設立して、中国市場における販売、マーケティング、アフターサービス、物流機能を集約した販売体制を構築しました。今回の上海光電完全子会社化により、中国市場に密着したさらなる製販体制の強化を図ります。

日本光電は今後も、医療業界における高品質の製品・サービスの供給に努め、国内外のお客様の要望に迅速に応えてまいります。

上海光電医用電子儀器有限公司の概要は以下の通りです。

名称 上海光電医用電子儀器有限公司
(Shanghai Kohen Medical Electronic Instrument Corporation)
所在地 上海市奉賢区上海工業総合開発区環城北路567号
生産品目 心電計、除細動器、ベッドサイドモニタ
登録資本金 US$5,145,337
出資 日本光電工業(株)100%
代表者 董事長 伊澤敏次
現地代表者 総経理 安倍孝久
従業員数 約120名
以上




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電