NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年9月24日

コンパクトな除細動器の新製品 TEC-5500シリーズ を発売開始

2008年9月24日
医用電子機器メーカの日本光電はこの度、心停止の患者さんに体外から電気ショックを与え、心拍を再開させる除細動器の新製品 TEC-5500シリーズを発売開始しました。

除細動器 TEC-5500シリーズは、医師または看護師が、病院やドクターカーで使用する製品で、TEC-5531(経皮ペーシング機能付)とTEC-5521の2機種があります。AED機能を搭載し、マニュアル除細動器に不慣れな方も、迅速な処置が行えます。
本体の重さは従来品を約25%軽量化し、ポータビリティーの向上による迅速な処置へとつなげました。さらに、各所で安全にご使用いただくため、動作チェックやメンテナンス機能を充実、安全管理面にも配慮した設計です。
また、従来品から好評のカラー表示機能は、オプション(ETCO
2・SpO2測定)の追加で、さらなるモニタ機能の充実がはかれます。

当社は、バイフェージック除細動器を開発・製造・販売する国内で唯一のメーカで、一般市民が使用するAED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)から本製品のように病院など医療施設で使用する除細動器まで、幅広い製品ラインアップをそろえて、救急医療現場のニーズに応えています。
本製品は、国内で、年間1,000台の販売を見込んでいます。

< 主な特長 >
本体の重さは5.3kg(TEC-5521 使い捨てパドル用ケーブル、バッテリ含まず)と、従来品(TEC-7721)に比べ、約25%の軽量化を実現。
AED機能を搭載(医療従事者のみ使用可能)。
出力エネルギーは最大270Jまで可能。
充電時間は200Jまで3秒、270Jまで5秒と高速化。
簡易動作チェック機能を搭載。充放電テストやバッテリテスト、ペーシングチェック(TEC-5531)の簡易テストが1分程度で実施可能。
簡易動作チェックとは別に、バッテリテストや高圧コンデンサ容量が判定可能で、メンテナンス履歴を残すなど、安全にご使用いただくための機能が充実。
環境にやさしいニッケル水素バッテリを採用。
外部メモリにSDカードスロットを標準装備。電源ONから音声と波形を連続記憶可能。(SDカードオプション)
オプションでETCO2・SpO2測定が可能。モニタ機能も充実。
SDは商標です。

< 主な製品仕様 >
寸法 幅290×高さ172×奥行355mm
質量 TEC-5521 5.3kg
TEC-5531 5.5kg
測定項目 心電図波形・HR、
オプションの追加(SpO
2波形・PR・呼気CO2波形・RR)
販売名 デフィブリレータ TEC-5500シリーズ カルジオライフ
クラス分類 高度管理医療機器、特定保守管理医療機器
薬事承認番号 21900BZX00098000

< 価格 >
TEC-5521本体 145万円(税抜価格)
TEC-5531本体 230万円(税抜価格)
< 製品写真 >
TEC-5531 写真
TEC-5531



問合せ先:医療機器技術センタ 企画部 高橋・牧野・建
TEL 03-5996-8394




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電