NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年7月16日

入浴対応のホルターレコーダ「RAC-3203」を発売開始

2008年7月16日
日本光電はこの度、長時間心電図検査※1における商品のラインアップ拡充を図り、防水性能を強化した入浴対応のホルターレコーダ(長時間心電図記録器)「RAC-3203」を発売開始しました。
「RAC-3203」は、日常生活における異常心電図の発見というホルターレコーダの基本性能に加え、レコーダ、電極を装着したまま入浴できる機能を新たに搭載しました。心臓に負荷のかかりやすい入浴中の心電図検査に加え、長時間心電図検査中は入浴できないという従来品の制約が取り除かれ、検査にともなう被検者の方の負担軽減を実現しました。

< 主な特長 >
1.高い防水性能を実現
JIS(日本工業規格)で定められた防水規格に準拠。
IPX8
※2の基準をクリアした信頼の設計。
2.最高水温45℃、最長30分の入浴に対応
  45℃で30分の使用環境を実現。長時間心電図検査中も浴槽内の温度や入浴時間を気にせず、普段の生活と同様の入浴が可能となりました。
3.メンテナンス時期を自動でお知らせ
  防水性能を維持する部品(ゴムパッキン)の交換時期を、レコーダ液晶画面上に自動表示。
入浴という特殊環境での使用にも十分な配慮。

< 関連商品ラインアップ >
「シャワー時も記録可能な長時間心電図記録器:RAC-3103」
「12誘導心電図検査用の長時間心電図記録器:RAC-2103」
「非観血血圧と心電図を記録可能な長時間心電図血圧記録器:RAC-3502」
「超薄型・軽量の長時間心電図記録器:ホルトレック」

これらの幅広い商品ラインアップに「RAC-3203」を加えてホルター事業の一層の拡大を図り、医療現場のさまざまな要望に応じた提案を行うことで、医療の効率や質の向上への貢献を今後も目指していきます。

「RAC-3203」は、国内の病院・診療所・健診センタなどを対象に、今後3年間で400台以上の販売を見込んでいます。

●用語説明
※1 長時間心電図検査
  来院時の検査では確認できない異常心電図を発見するための心電図検査。
通常、連続24時間の心電図を記録。
※2 IPX8
  JISで規定された防水規格の基準。浴槽内など、一定水圧がかかる環境下でも使用可能な防水性能を有する。

< 価格 >
RAC-3203本体 110万円(ホルターカード、ホルター付属品含まず)

< RAC-3203レコーダ仕様 >
寸法 W83.6mm×H72.0mm×D28.5mm
質量 約99g(電池・ホルターカード含む)
周波数特性 0.05Hz〜40Hz
サンプリング周波数 250Hz
記録時間 24時間
記憶媒体 ホルターカード(当社指定のSDカード)
記録項目 2chまたは3chの心電図、体動、ペースメーカパルス、イベント
電源 単3アルカリ電池(当社指定メディパワー)1本

< 製品写真 >
RAC-3203 写真
RAC-3203



お問合せ先:医療機器技術センタ 企画部(角田)
TEL 03-5996-8637




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電