NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年5月12日

群馬県富岡市に第二工場増設のお知らせ

2008年5月12日
日本光電は、この度、海外事業の拡大やAEDの需要増に対応するため、群馬県富岡市にある富岡工場の近くに第二工場を増設し生産体制を強化しますので、お知らせします。

当社は、長期経営目標として「2012年度までに売上高1,400億円、営業利益率10%、海外売上高比率30%を目指す」ことを掲げています。この実現に向けて、海外事業の強化・拡大を積極的に推進しており、今後さらに医療機器の輸出台数を伸ばす計画です。また、国内ではAEDの公共施設や学校、民間企業への設置が急速に進んでおり、AED市場は引き続き高い成長が見込まれます。

こうした需要の拡大に対応するため、富岡工場が手狭となることから近隣に第二工場を増設し、富岡工場からプリント板実装部門を移設、医療機器の構成ユニットの生産工場とします。一方、富岡工場は、第二工場から構成ユニットの供給を受け、製品組立から検査、包装・梱包、出荷作業を行います。
両工場が密接に連携を取り、生産から出荷までをトータルに行うことで、高い品質とスピーディな生産を維持するとともに更なる生産効率の向上を図ります。
【工場の概要】
(1) 所在地 群馬県富岡市
(2) 工場床面積 約10,000m2 (現在の工場は約19,000m2
(3) 生産能力 ボード実装 約60万枚/年間 (約25%増)
  現富岡工場の4ラインを移設、当面1ライン増設し、計5ラインとします。
(4) 稼働開始予定 2008年9月
(5) 総投資額 約7億円
(6) 従業員数 約100名(予定)
  現在の富岡工場から移動します。

以上




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電