NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年2月25日

多チャネルテレメータシステム「WEB-7000」を発売開始

2008年2月25日
日本光電はこの度、スポーツ・リハビリ研究分野において、体の動きを拘束せずに表面筋電図が測定できる「多チャネルテレメータシステム」(WEB-7000)を発売しました。

基礎研究の目的で、筋電図など生体情報を測定するWEB-7000は、データ収集から解析・レポート出力をトータルサポートしたテレメータシステムです。本システムの最大の特長であるテレメータ電極「テレメータピッカ」を使うことで、激しい運動時も体の動きを妨げず、被験者の装着感を軽減した測定が可能になりました。
スポーツトレーニングなど運動時の筋電図測定機能を充実させたWEB-7000は、国内の大学、スポーツ研究機関、企業およびリハビリテーション研究施設、フィットネスクラブ向けに販売されます。

日本光電は、WEB-7000を含めた「テレメータシステム」のラインアップで幅広い研究ニーズに応えるとともに、今後も生体情報測定分野をリードする製品開発に努めていきます。

【WEB-7000の主な特長】
1. コードレス、ペーストレス、ノイズレス
「テレメータピッカ」は、電極部と送信機を一体化させた『完全コードレス』、粘着テープで体表へ貼れる『ペーストレス』、電極内にアンプを内蔵した『ノイズレス』を実現した画期的なテレメータ電極です。
2. わずか10gの軽量化
「テレメータピッカ」は運動の邪魔にならない小型・軽量設計で、重さはわずか10gです。激しい運動時も、装着感を感じることなく測定できます。
3. 最大16チャネルを自由に選択
「テレメータピッカ」は筋電図の他にも心電図、呼吸、関節角度、加速度などの生体情報が測定できます。用途に応じて最大16チャネルを選択できます。
4. 公式400mトラックでの連続測定を実現
電波送信距離は最大で150m(見通し直線距離)到達可能です。当社のテレメータシステムWEB-9500と同様に、公式400mトラックでの連続測定を実現しました。
5. 一台でトータルサポートを実現
「テレメータピッカ」からの生体信号は、ベルト式送信機「バイオリピータ」を中継して受信機へ送信されます。USB接続した専用パソコンではデータ保存から波形表示、演算・解析処理、レポート作成まで行えます。各種解析ソフトウエアも標準装備しましたので、トレーニング効果の確認や研究方針の決定をサポートします。

< 希望販売価格 >
WEB-7000本体(筋電図8ch構成) 4,590,000円(税抜価格)

< 主な製品仕様 >
送信機(テレメータ電極)「テレメータピッカ」
測定項目 筋電図、心電図、加速度、角度、呼吸波、直流信号
寸法・質量 W25×H34.5×D12(mm) 10g (筋電図送信機)
電源 コイン型リチウムイオン電池 充電式
電池充電寿命 5時間連続使用、繰り返し充電回数約300回

バイオリピータ ZB-700H
受信チャネル数 16ch
送信データチャネル数 最大16ch
到達距離 150m(電波環境による)
寸法・質量 W235×H92×D56(mm) 380g

受信機 ZR-700H
外部信号入力 4ch入力可能
寸法・質量 W330×H73×D300(mm)5.5kg

< 医療関係者向け製品紹介ホームページはこちら >
http://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/research/01_animal/web/web7000.html
以上
< 製品写真 >
WEB-7000 写真
WEB-7000
テレメータピッカ 写真
テレメータピッカ



お問合せ先:医療機器技術センタ 基礎系機器事業部 森田
TEL 04-2945-4111




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電