NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2008年1月24日

心不全の診断に有用なロシュ・ダイアグノスティックス「カーディアック試薬 NT-proBNP」を発売

2008年1月24日
日本光電は、2008年2月1日から心不全の診断に有用な「カーディアック試薬 NT-proBNP」を発売いたします。

「カーディアック試薬 NT-proBNP」はロシュ・ダイアグノスティックス社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:小川 渉、以下 ロシュ・ダイア)の製品です。本製品の発売は、2006年9月1日に日本光電とロシュ・ダイアの間で締結された、POCT製品の販売提携に基づくものです。

「カーディアック試薬 NT-proBNP」は、心不全の診断や病態把握に有用な生化学マーカーである“NT-proBNP”を簡便かつ迅速に測定できる試薬です。昨年7月に発売した胸痛マーカー迅速検査システム「コバス h 232」を用い、全血での測定が可能です。本製品の発売により、すでに展開している急性心筋梗塞の診断や肺血栓塞栓症の除外診断に有用な試薬である「カーディアック試薬 トロポニンT」、「カーディアック試薬 D-ダイマー」、「カーディアック試薬 ミオグロビン」のラインナップが強化され、救急救命の現場や循環器外来、診療所での用途の幅がさらに広がります。なお、「コバス h 232」の前機種である「カーディアックリーダー」にも適応可能な試薬も同時に発売されます。

日本光電は、病院の救急処置室や循環器内科、循環器クリニックなどの診療部門に強く、心電計、生体情報モニタ、除細動器などで高いシェアを占めています。POCT製品のラインナップ強化にも力を入れており、現在POCT製品「コバス h 232」「コアグチェックXS」の販売提携を行っているロシュ・ダイアと引き続き協力し、「カーディアック試薬 NT-proBNP」の販売を促進します。
さらに、自社製品と組み合わせて、医療現場のさまざまな要望に応じた提案を行うことで、医療の効率や質の向上に貢献すると共に、自社製品の販売増にも寄与するものと期待しています。
【主な特長】
緊急検査室、救急救命の現場などで使用されている「コバス h 232」を使用し、心不全の診断や病態把握に有用な生化学マーカー“NT-proBNP”の測定が可能
救急外来での急性心不全の除外診断はもちろん、通院する慢性(安定型)心不全患者さまの状態モニタリングも可能
ヘパリン添加全血150μLを滴下し、約15分以内で“NT-proBNP”を測定。全血を用いるため遠心分離の必要がなく、より迅速に測定結果が判明
【NT-proBNPについて】
ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)は、76個のアミノ酸より構成されるペプチドです。循環血液量の増加や心室壁へのストレスなど、心負荷の増大により脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体(proBNP)が産生され、これが蛋白分解酵素によりヒト心臓中で生理活性を持つBNPと生理活性を有しないNT-proBNPに分解されて血中に放出されます。健常人のBNPおよびNT-proBNPの血中濃度は極めて低く、心不全の重症度に応じてそれぞれの血中濃度が上昇しますが、NT-proBNPは変動幅がより大きく、重症度の判断に役立ちます。
【測定用試薬ラインナップ】
カーディアック試薬 トロポニンT ・・・心筋梗塞の診断に有用
カーディアック試薬 ミオグロビン ・・・早期の心筋梗塞の診断に有用
カーディアック試薬 D-ダイマー・・・ 肺血栓塞栓症の除外診断に有用
カーディアック試薬 NT-proBNP ・・・心不全の診断に有用
【専用測定装置】
コバス h 232
カーディアックリーダー
【希望販売価格】(すべて税抜価格)
カーディアック試薬 NT-proBNP(カーディアックリーダー用) 22,000円(10テスト)
カーディアック試薬 NT-proBNP(コバス h 232用) 22,000円(10テスト)
以上
< 製品写真 >
「カーディアック試薬 NT-proBNP」 写真
「コバスh232およびカーディアック試薬 NT-proBNP」



お問合せ先:商品事業本部市場開発グループ 岡田
TEL 03-5348-1514




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電