NIHON KOHDEN
お問い合わせ 事業所案内 サイトマップ 更新情報 HOME
医療機器まめ知識 企業情報 IR情報 採用情報 プレスリリース 医療関係の皆様へ
プレスリリース
HOME >> プレスリリース >> 2004年9月9日

日本光電 非観血式血圧測定の精度向上技術を開発

2004年9月9日
 日本光電は、この度、東北大学流体科学研究所の早瀬敏幸教授との産学連携による共同研究で、非観血式血圧測定の精度を向上する新技術を開発しました。

 病院での血圧測定は高精度が要求されるが、腕にカフを巻いて使う方式の非観血式血圧測定装置が広く使われてきた。この方式の血圧計は、カフ圧を階段状に減圧することが必要で、減圧に伴いカフ圧に揺らぎが生じ、測定精度に悪影響を与えていることが分かった。特に、小児や血圧低下時の脈圧波形が小さい場合の測定では、このゆらぎが測定精度の低下をひき起こしていた。
 日本光電と東北大学は、カフを流体力学的に検討し、このゆらぎを1/10以下に軽減する技術の開発に成功した。今後は開発した新技術の実用化に向けて研究を行う。

以上




Page Top
個人情報保護について サイトのご利用にあたって
(c) Copyright NIHON KOHDEN CORPORATION All rights reserved.日本光電