文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > てんかん発作が治まらなくて困ったら -迷走神経刺激療法という選択肢- > てんかんの迷走神経刺激療法(VNS)

一般の皆様へ

抗てんかん薬でてんかん発作が消失しない難治性てんかんで、開頭手術を行っても発作が消失する可能性が低いと予想される場合、または開頭手術後にも残ってしまった発作に対しては、迷走神経刺激療法(VNS)という開頭を行わない外科的な補助治療法があります。

手のひらにVNSのイラスト
迷走神経刺激療法は直径5cm弱のパルスジェネレータから、首の左側にある迷走神経に電極を巻き付け、一定の間隔で繰り返し電気刺激を送り、てんかん発作の回数を減らしたり、発作の程度を軽くします。

世界では欧米を主に、2013年までにのべ約7万人を超える人がこの装置の植込手術を受けています。
日本では、2010年7月以降、800名を超える人がこの装置の植込手術を受けており、年齢でみると1歳~70歳代まで、幅広く実施されています。(2014年8月現在)

迷走神経刺激装置

監修:川合謙介 

ページの先頭へ

ページの先頭へ