尿もれ・尿失禁・頻尿で悩む女性たちへ|日本光電
 

過活動膀胱とは?

過活動膀胱をご存知ですか?

普段、耳にすることがないのでめずらしい病気と思うかもしれませんが、現在40歳以上の男女の8人に1人(国内推定で800万人くらい)が、過活動膀胱の症状を持つといわれている身近な病気です。

過活動膀胱とは

まず、「尿意切迫感」があり、「頻尿・夜間頻尿」や、時に「切迫性尿失禁」がある状態を過活動膀胱といいます。

尿意切迫感

尿意切迫感のイメージ

それまで何でもなかったのに、突然トイレに行きたくなり、我慢が難しい症状

頻  尿

頻尿のイメージ

昼間、おしっこをするために8回以上トイレに行く症状

夜間頻尿

夜間頻尿のイメージ

夜、寝ているときにトイレに行きたくなり、起きる症状

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁のイメージ

急におしっこがしたくなり、トイレまで我慢できず、おしっこがもれてしまう症状

▲ページ上部へ

過活動膀胱による尿失禁とは?

おしっこのメカニズム

膀胱は腎臓でつくられた尿を溜め、尿がいっぱいになると尿道(尿が外に出ていくための管)から体の外に尿を出す働きをします。

膀胱に尿をためることを畜尿といいます。畜尿のときは、膀胱がゆるんでおり、尿道の筋肉(尿道括約筋:にょうどうかつやくきん)が縮まるので尿がたまります。尿を出すことを排尿といいます。排尿のときは、逆に膀胱が縮み尿道括約筋がゆるむので、尿が排出されます。これが正常な膀胱と尿道の働きです。

しかし、過活動膀胱の場合は、尿がいっぱいになる前に膀胱が勝手に縮んでしまい、我慢できずに尿が漏れてしまうことがあります。これを切迫性尿失禁と言います。

正常な膀胱の動き 

 過活動膀胱の動き

膀胱と神経の関係

尿が膀胱にある程度たまると、膀胱から脳にその情報が伝えられます。このとき、脳は「がまんする」ように命令します。
「がまんする」(尿をためる)ときは、脳が神経を通して膀胱にゆるむよう命令し、尿道括約筋には縮むように命令します。

脳が「おしっこをする」と決めたときは、神経を通して膀胱が縮み、尿道括約筋がゆるむように命令します。
過活動膀胱の場合は、膀胱を制御することができなくなって勝手に縮んでしまいます。

膀胱と神経の関係イメージ
「がまんをする」ときの伝達イメージ

▲ページ上部へ