文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > まめ知識 > システム

一般の皆様へ

診断情報システム

心電計、ホルタ心電計、超音波診断装置、内視鏡等の各検査データを電子的に収集・保存し、検査室や医局、外来診察室等に設置される端末装置に結果を表示します。また、その検査データをもとに検査レポートも作成します。
画面のデータを出力し、患者さまに渡すこともできます。レセプトコンピュータや電子カルテと連携しての日常診療はもちろん、地域医療や予防医療への展開も可能にしています。
 

脳神経生理検査データネットワークシステム

脳波検査のデータベース管理システムです。検査スケジュール管理、患者台帳管理、報告書作成、また、誘発電位・筋電図データ管理、参照用Webデータ作成管理機能をもつシステムもあります。

生体情報管理システム

生体情報モニタや血液ガス分析装置等の各種機器から得られる生体情報を電子ファイル化し集中管理します。情報の統合と共有・活用を実現します。

手術部支援システム

生体情報モニタ等から収集される各手術室の患者さまの生体情報と、麻酔記録はじめ、手術中における投薬・輸液情報等が電子的に入力されるシステムです。
また、端末装置からの手術予約申し込みを受け手術予定を作成したり、作成された麻酔記録や台帳より統計処理や検索を行うことも可能です。

集中治療部支援システム

ICU(集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)、さらには救命センターで、生体情報モニタ等から収集される重症患者さまの生体情報を電子ファイル化するシステムです。
また患者さまの情報(検温・投薬・輸液・処置・経過観察等)等を電子ファイル化するシステムです。
情報収集・記録といった業務の省力化、情報のネットワーク化を支援するシステムです。

ページの先頭へ

一般の皆様へ

日本光電 会社紹介ビデオ

日本光電グループについて、映像でわかりやすくご紹介しています。

AED講習会のご案内

いざというときにAEDを使用できるように、心肺蘇生とAEDの講習会を行っています

大切ないのちのために 日本光電ができること

日本光電のCSR(企業の社会的責任)についてご紹介します

ページの先頭へ