文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > まめ知識 > 一般病棟 ナースステーション

一般の皆様へ

テレメータ(無線式のモニタ 医用テレメータ)

心電図、呼吸、観血血圧、非観血血圧、SpO2、体温と多くのバイタルサインを無線でチェック、離れた場所の患者さまの容態の変化をいつでもモニタし、異常があればアラームを出し医師や看護師の業務をサポートします。 テレメータ 画像

ベッドサイドモニタ(患者さまの安全を見守る)

きめ細かな安全管理には、患者さまにあわせた色々な測定が必要です。
測定項目の選択だけでなく、モニタリングの仕方やアラームのセットなど、多様なことが確実簡単にできるように作られています。
ベッドサイドモニタ 画像ベッドサイドモニタ 画像

色素希釈心拍出量計

肝臓手術前に、手術が可能であるかを判断するICG負荷検査(R15)を、採血せずに行えるので、感染防止に役立つ装置として使用されています。
生体防御作用である肝臓の異物排泄能力を、より低侵襲に、より安定した測定ができます。
色素希釈心拍出量計 画像

SpO2モニタ(血中酸素飽和度モニタ パルスオキシメータ)

脈拍数及び動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定。
ヘモグロビンで酸素が血液中を運ばれますが、ヘモグロビンの光学的特殊変化を利用して血液中の酸素濃度をリアルタイムに体表面からモニタします。パルスオキシメータとも呼ばれます。日本光電の社員が開発し紫綬褒章を受章したものです。患者さまの急変をいち早く察知できる重要な医療機器でありながら、取扱がきわめて簡単で、あらゆる医療現場で使われています。
SpO2ニタ 画像

心電計

心臓から発せられる電気信号である心電図に、問題がないかを検査する最も一般的な検査です。検査室のベットに仰向けに寝て頂き、胸に6個、手首と足首に4個の電極を付けて検査します。およそ1分程度で終了する検査です。痛みもなく、とても楽な検査です。 心電計 画像

超音波診断装置

心臓や肝臓など臓器の状態を体表から超音波を照射して断層像で観察します。 超音波診断装置 画像

超音波骨量測定装置 骨粗しょう症の早期発見に

超音波を利用して安全に短時間で、骨密度測定を行ないます。
骨密度の測定により骨の強さの程度を知り、骨粗しょう症の診断や寝たきりの原因となる骨折リスクの予知に使われています。
超音波骨量測定装置 画像

携帯用睡眠時無呼吸検査装置

睡眠中の呼吸・いびき、酸素飽和度などを測定することにより、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性と程度について検査する簡易装置です。
液晶画面で簡単操作・軽量コンパクトを実現しています。
携帯用睡眠時無呼吸検査装置 画像

ディスポカフ

腕に巻いて血圧を測定するときに使います。
一回使用して廃棄してしまうタイプです。
ディスポカフ 画像

人工呼吸器

呼吸管理が必要な患者さまへ機械的に呼吸を補助してくれる機器です。患者さまの肺の状況にあった呼吸管理を行えるよう必要な呼吸管理の項目をモニタリングし、患者さまのみならず医療スタッフをサポートします。 人工呼吸器 画像

万一の心停止に備えて 蘇生・除細動・AED

確かな精度で心電図を常に監視。
心電図モニタ中、除細動が必要な波形を検出すると音と画面表示で知らせます。
AEDモードでは解析キーを押すことで、エネルギを自動充電します。
蘇生・除細動・AED 画像蘇生・除細動・AED 画像

全自動血圧計(待合室などで)

操作方法、測定結果を音声で知らせます。
左右どちらの腕でも血圧を測定できます。
スリムな設計で設置場所を選びません。
全自動血圧計 画像

メデュマットイージー

従来の人工呼吸器と比較して圧倒的に小型化、軽量化されています。
ダイヤル一つで各種設定が可能で、日本語音声ガイダンスが一連の操作をサポートします。
メデュマットイージー 画像

ページの先頭へ

一般の皆様へ

日本光電 会社紹介ビデオ

日本光電グループについて、映像でわかりやすくご紹介しています。

AED講習会のご案内

いざというときにAEDを使用できるように、心肺蘇生とAEDの講習会を行っています

大切ないのちのために 日本光電ができること

日本光電のCSR(企業の社会的責任)についてご紹介します

ページの先頭へ