文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > まめ知識 > 脳神経外科

一般の皆様へ

脳波計

主にてんかんの診断に使用しますが、頭を強く打ったりしたときなどにも検査をします。
検査時間は一般的に約30分。
頭に20個ほどの電極をペースト状のノリで貼り付けて、脳の活動による微小な電気信号を測定し、その変化を記録します。
脳波を調べることで、てんかん、頭痛、めまい脳血管障害、神経疾患などがわかります。
脳波計 画像

脳波トレンドプログラム

脳波の振幅の変化を圧縮して表示したトレンドグラフ(a-EEG)です。
脳波計で測定した脳波データを解析して、結果を時系グラフでわかりやすく表示するプログラムです。
未熟児の脳波の状態を視覚的・定量的に把握することができるので、脳機能の発達予後の予測や投薬効果の確認などに利用できます。
脳波トレンドプログラム 画像

誘発電位・筋電図検査装置

運動障害、痩せ、脱力、痛みなどの原因が、筋によるもなのか神経によるものか、またその障害部位や障害程度などを調べるための検査に使われる他、脳神経外科、整形外科等の手術時に神経の状態を確認する目的で使われています。
誘発筋電図は、腕や足の末梢神経を電気刺激し、刺激から反応の時間を測定して、神経の刺激伝導の具合(神経伝導速度)を評価します。
その他、頭から頭蓋骨を通して磁気刺激をして腕や足の末梢神経に伝わるまでに出てくる波形を記録し、末梢の電気刺激では測定できない中枢からの運動神経伝導の状態を知ることにも使われます。
針電極による筋電図は、手や腕や足の筋肉に医師が針を刺し、力を入れたり抜いてもらったりした時の波形を記録します。
誘発電位・筋電図検査装置 画像

超音波血流計

脳血管、大動脈、冠状動脈、門脈等、静脈などの血流量を、プローブを替えて、超音波で測定します。
脳外科、心臓外科、人工心肺、透析等で使われます。
超音波血流計 画像

テレメータ(無線式のモニタ 医用テレメータ)

心電図、呼吸、観血血圧、非観血血圧、SpO2、体温と多くのバイタルサインを無線でチェック、離れた場所の患者さまの容態の変化をいつでもモニタし、異常があればアラームを出し医師や看護師の業務をサポートします。 テレメータ 画像

ベッドサイドモニタ(患者さまの安全を見守る)

きめ細かな安全管理には、患者さまにあわせた色々な測定が必要です。
測定項目の選択だけでなく、モニタリングの仕方やアラームのセットなど、多様なことが確実簡単にできるように作られています。
ベッドサイドモニタ 画像

心電計

心臓から発せられる電気信号である心電図に、問題がないかを検査する最も一般的な検査です。検査室のベットに仰向けに寝て頂き、胸に6個、手首と足首に4個の電極を付けて検査します。およそ1分程度で終了する検査です。痛みもなく、とても楽な検査です。 心電計 画像

全自動血圧計(待合室などで)

操作方法、測定結果を音声で知らせます。
左右どちらの腕でも血圧を測定できます。
スリムな設計で設置場所を選びません。
全自動血圧計 画像

超音波診断装置

脳血栓に至る心臓内の血栓の状態を超音波断層像で観察します。モニター画像は2次元断面で表示されます。 超音波診断装置 画像

ページの先頭へ

一般の皆様へ

日本光電 会社紹介ビデオ

日本光電グループについて、映像でわかりやすくご紹介しています。

AED講習会のご案内

いざというときにAEDを使用できるように、心肺蘇生とAEDの講習会を行っています

大切ないのちのために 日本光電ができること

日本光電のCSR(企業の社会的責任)についてご紹介します

ページの先頭へ