文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > 経営方針 > 医療機関等との関係の透明性に関する取り組み

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、CSRを掲載しています。

日本光電は、病魔の克服と健康増進に先端技術で挑戦し、世界に貢献する企業として社会の信頼に応えることを経営理念としております。
近年、医療機器の開発・製造・輸入・販売におけるすべての段階で、医療機関並びに医療関係者の皆様との産学連携協力がますます重要になってきています。
一方で、この産学連携活動において、医療機器産業が、医学・医療工学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること及び、企業活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて広くご理解をいただくことが重要であると考えます。
この度、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)から、企業活動における医療機関等への支払い資金の情報を公開することを定めた、「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」が策定されました。これを受け、会員会社である日本光電においても、医療機関等との関係の透明化に関する指針を定めました。
本指針に従って、医療機関、医療関係者の皆様との産学連携活動に伴う資金提供の情報を2014年度よりその前年度分を自社ホームページ等に公開することと致しました。
日本光電では今後も医療機関ならびに医療関係者の皆様のご協力をいただき、透明性を担保しながら、「病魔の克服と健康増進」のために、革新的な医療機器を創造し、世界中のお客様にお届けすることに、より一層邁進してまいります。

ページの先頭へ

会社紹介ビデオ
日本光電グループの事業について、映像でご紹介しています。(約7分30秒 5部構成)

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ