文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > 経営方針 > トップメッセージ

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、CSRを掲載しています。

 代表取締役 社長執行役員 荻野 博一 代表取締役 専務執行役員 田村 隆司
代表取締役
社長執行役員
代表取締役
専務執行役員
株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。
当社グループは、2017年3月31日をもちまして第66期を終了いたしましたので、ここにその概要をご報告申し上げます。
第66期は、国内市場では営業組織体制を再編し市場別の取り組みを強化するとともに、消耗品・保守サービス事業の拡大に注力した結果、増収となりました。海外市場では現地販売・サービス体制の強化により現地通貨ベースでは堅調に推移しましたが、円高の影響を受け減収となりました。この結果、グループ全体では増収を確保することができましたが、利益面では、円高の影響や、研究開発費、人件費など販管費の増加により、減益となりました。
当社グループでは、2020年を展望した長期ビジョン「The CHANGE 2020」の実現に向けて、第66期を最終年度とする4ヵ年中期経営計画「StrongGrowth 2017」を推進してきました。開発、生産、販売などの事業基盤は着実に強化されたものの、経営目標値は未達成となり、収益力の改善が課題として残りました。
第67期からは、新たな3ヵ年中期経営計画「TRANSFORM 2020」をスタートさせました。高い顧客価値の創造と組織的な生産性の向上により、高収益体質への変革を目指します。
なお、当期の期末配当は、1株につき18円とし、中間配当17円と合わせて年間35円とさせていただきました。
株主の皆様におかれましては、より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ