文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > 経営方針 > トップメッセージ

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、CSRを掲載しています。

代表取締役 社長執行役員 荻野 博一 代表取締役 専務執行役員 田村 隆司
代表取締役
社長執行役員
代表取締役
専務執行役員
株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。
当社グループは、2017年9月30日をもちまして第67期上半期を終了いたしましたので、ここにその概要をご報告申し上げます。
当上半期は、国内市場では昨年の営業組織体制再編に続き、本年4月に販売子会社制から支社支店制に移行し、市場別の取り組みを強化するとともに、消耗品・保守サービス事業の拡大に注力した結果、増収となりました。海外市場では現地販売・サービス体制の強化により、米州、欧州が好調に推移しました。この結果、売上高は増収を確保することができましたが、研究開発費など販管費の増加により営業利益は減益となりました。一方、為替差損益が差益に転じたため、最終利益は増益となっています。
当下半期においては、新製品・サービスを投入し、引き続き国内事業、海外事業の成長に注力するとともに、収益改善の強化に取り組みます。
当社グループは、2020年を展望した長期ビジョン「The CHANGE 2020」の実現に向けて、本年度より3ヵ年中期経営計画「TRANSFORM 2020」を推進しています。新中期経営計画を全社一丸となって着実に遂行し、高収益体質への変革を目指してまいります。
なお、当期の中間配当は、1株につき17円とさせていただきました。
株主の皆様におかれましては、より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ