文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > 会社情報 > 沿革

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、CSRを掲載しています。

日本光電は、1951年の創立以来、医療現場に根ざした技術開発でヘルスケアの課題に挑戦し、お客様に安全・安心な医療機器を提供し続けてまいりました。時代とともに医療環境は変化し、日本光電が生み出す製品も多岐にわたっておりますが、創業時の信念は今も変わることなく受け継がれています。
これからも日本光電はこれまでに培った技術力を基に、病魔の克服と健康増進に先端技術で挑戦し、世界に貢献する企業として、成長を続けてまいります。
 
1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代








ページの先頭へ

1950年代

 
年月 トピックス  
1951年  8月 日本光電工業株式会社設立         創業メンバ12名で新会社は発足
1951年12月 世界初の全交流直記式脳波装置を開発、旧国立下総療養所に納入   8ch全交流直記式脳波装置ME-1D
1952年  3月 世界初の電気眼底(脳内)血圧計を発売  
1952年  7月 世界初の簡易聴力計を発売  
1955年  6月 世界初の電子管記録式心電計を発売  
1958年~ 海外への輸出を開始  

ページの先頭へ

1960年代

年月 トピックス  
1960年  9月 日本初の多用途監視記録装置を発売  
1961年11月 東京証券取引所第二部に上場  
1962年  5月 群馬県富岡市に富岡工場を新設し、生産子会社として操業開始 日本光電工業富岡製作所開所式
1965年  8月 日本初の心室細動除去装置を発売   
1967年  4月 日本初の重症患者監視装置ICU-80を東北大学医学部に納入  国産第1号重症患者監視装置

ページの先頭へ

1970年代

年月 トピックス  
1972年  3月 血球計数器 MEK-1100を発売。血球計数器市場に参入 血球計数器MEK-1100
1973年  5月 心電計 EEG-1201、2201が英国医学誌で世界一の評価  英国医学誌に取り上げられた心電計ECG-6201
1973年10月 心電図電話伝送(那覇市~石垣島)の公開実験を実施  
1974年  3月 パルスオキシメータの原理に関する国内特許を出願 イヤオキシメータOLV-5100
1974年  8月~
1976年10月
全国の営業拠点を分離独立させ販売子会社を設立し、国内販売網を再編・強化  
1976年11月 世界初のテレメータ式患者監視装置を発売  
1977年12月 世界一(当時)の乾電池式ロングライフ1ch心電計を発売  
1979年11月 米国に販売子会社「日本光電アメリカ(株)」を設立 現在の日本光電アメリカ(株)
1979年12月 宇宙開発事業団のスペースシャトル計画に参加  

ページの先頭へ

1980年代

年月 トピックス  
1981年  6月 埼玉県鶴ヶ島市に鶴ヶ島工場を新設  
1982年  1月 東京証券取引所第一部銘柄に指定  
1984年  2月 世界初のオールテレメータ化分娩監視装置を発売 分娩監視装置OMF-7201パルトコーダ
1985年  2月 ドイツに現地販売子会社「日本光電ヨーロッパ(有)」を設立 現在の日本光電ヨーロッパ(有)
1985年  4月 世界初の呼吸総合モニタを発売  
1986年11月 日本初の救急車による心電図伝送公開実験を実施  
1987年  1月 世界初の液晶モニタ付心電計を発売 心電計ECG-8210
1988年  2月 日本初の動物専用自動血球計数器を発売  
1989年  8月 日本初の新電波法対応医用テレメータを発売  
1989年12月 世界初のファイリング機能搭載脳波計を発売 脳波計EEG-3100

ページの先頭へ

1990年代

年月 トピックス  
1990年  2月 中国に合弁会社「上海光電医用電子儀器有限公司」を設立し、主として中国向け医用電子機器の製造販売を開始  上海光電医用電子儀器有限公司の設立調印式
1990年12月 日本初のデジタル心電図テレメータの医用テレメータ WEP-8430・WEP-8440を発売
1991年  3月 世界初のデジタル・マルチパラメータテレメータ式ベッドサイドモニタ BSM-8502を発売
1992年  6月 呼称を「日本光電」に制定  
1994年  6月 埼玉県深谷市に川本工場を新設  
1995年  1月 ISO9001認証取得  
1996年  2月 シンガポールに現地法人「日本光電シンガポール(株)」を設立   シンガポール駐在員事務所開所式
1997年  6月 世界初の低侵襲循環検査装置 DDGアナライザ DDG-2001を発売
1999年  9月 米国に開発子会社「NKUSラボ(株)」を設立  

ページの先頭へ

2000年代

年月 トピックス  
2001年  2月 イタリアに現地販売子会社「日本光電イタリア(有)」を設立  
2001年  4月 日本初の本格的電子カルテシステムを昭和大学横浜市北部病院に納入  
2002年  9月 中国にソフトウェア開発子会社「メディネット光電医療軟件(上海)(有)」を設立  
2002年12月 スペインに販売子会社「日本光電イベリア(有)」を設立   
2003年  5月 世界初のメインストリーム式で気管挿管していない患者さんに使用できるCO2センサを発売  CO2センサキットTG-900シリーズ
2004年  4月 韓国に子会社「日本光電コリア(株)」を設立  日本光電コリア(株)設立パーティ
2004年  4月 米国に中南米担当の駐在員事務所を開設  
2004年  7月 世界初の心電図、呼吸、SpO2、非観血血圧のワイヤレスモニタリングが可能な送信機 ZS-940Pを発売  送信機ZS-940P
2004年11月 フランスに販売子会社「日本光電フランス(株)」を設立  
2005年10月 アラブ首長国連邦に中東駐在員事務所を開設  
2006年  4月 イタリアに検体検査試薬の製造販売子会社「日本光電フィレンツェ(有)」を設立  日本光電フィレンツェ
2006年  5月 「(株)ベネフィックス」の第三者割当増資を引き受けて子会社化  
2007年  2月 東京マラソン2007をAEDでサポート  東京マラソン2007(第1回)サポート風景
2007年  5月 日本初の術中神経機能モニタリング装置を発売    神経機能検査装置MEE-1200シリーズ
2008年  4月 中国に販売子会社「日本光電貿易(上海)(有)」を設立  
2008年  4月 「(株)日本バイオテスト研究所」の株式を取得して子会社化  
2008年  9月 インドに検体検査試薬製造の合弁会社「スパン日本光電ダイアグノスティクス(株)」を設立
※2015年11月に完全子会社化、2017年5月に「日本光電インディア(株)」に吸収合併
スパン日本光電ダイアグノスティクス(株)
2008年11月 群馬県富岡市に第二工場を増設  富岡第二工場
2008年12月 中国の生産合弁会社「上海光電医用電子儀器(有)」を完全子会社化  上海光電医用電子儀器有限公司
2008年12月 米国の「ニューロトロニクス(株)」の株式を取得して子会社化  睡眠脳波解析ソフト開発メーカのニューロトロニクス(株)
2009年  6月 国産の自動体外式除細動器 AED-2100を発売。AED-2100とその周辺プロダクツが2009年度グッドデザイン賞を受賞

ページの先頭へ

2010年代

年月 トピックス  
2010年  5月 使い方やアラームの対処法をイラストでガイドする機能を搭載したベッドサイドモニタ PVM-2701を発売
2010年  9月 イギリスに販売子会社「日本光電UK(有)」を設立  
2011年  3月 インドに販売子会社「日本光電インディア(株)」を設立  
2012年  1月 ブラジルに販売子会社「日本光電ブラジル(有)」を設立  
2012年  7月 中国の連結子会社3社を「上海光電医用電子儀器(有)」を存続会社として合併  
2012年  9月 ドバイに販売子会社「日本光電ミドルイースト(株)」を設立  
2012年11月 米国の「デフィブテック LLC」の出資持分を取得して子会社化 Lifeline AED
2013年  7月 ヘモグロビンA1cとC反応性蛋白を測定できる臨床化学分析装置 CHM-4100を発売
2013年10月 タイに販売子会社「NKSバンコク(株)」を設立  
2013年11月 コロンビアに販売子会社「日本光電ラテンアメリカ(株)」を設立  
2014年  1月 院内の患者搬送時のシームレスなデータ参照を可能にした、小型・軽量のベッドサイドモニタ BSM-1700シリーズを発売
2014年  3月 マレーシアに販売子会社「日本光電マレーシア(株)」を設立  
2014年  5月 尿失禁を伴う過活動膀胱患者(成人女性)の症状改善を目的とする磁気刺激装置 TMU-1100を発売
2014年  9月 米国に開発子会社「日本光電イノベーションセンタ(株)」を設立、稼働開始  
2014年  9月 変成器事業をスミダグループのスミダパワーテクノロジー(株)に譲渡  
2015年  3月 送信機と同等のサイズながらアラーム機能を搭載し、無線LAN通信に対応したバイタルサインテレメータ GZ-130Pを発売
2015年  4月 群馬県富岡市に富岡生産センタが完成 富岡生産センタ
2015年  4月 米国に人工呼吸器開発子会社「オレンジメッド(株)」を設立  
2015年10月 ドイツに販売子会社「日本光電ドイツ(有)」を設立  
2016年  1月 メキシコに販売子会社「日本光電メキシコ(株)」を設立  
2016年  3月 日本光電四国(株)を設立  
2016年10月 埼玉県所沢市に総合技術開発センタが完成 総合技術開発センタ
2016年  7月 救急領域での迅速な脳波測定を可能にしたEEGヘッドセット AE-120Aを発売
2017年  4月 国内販売子会社11社を吸収合併  

ページの先頭へ

創立60周年記念コンテンツのご紹介

2011年(平成23年)60周年記念コンテンツ "THE HISTORY OF NIHON KOHDEN"

日本光電60年間の歴史の中から主要な事柄をピックアップしました。

1968年(昭和43年)PR映画 「病魔に挑戦する」日本語版

1968年(昭和43年)9月30日、モスクワで初の単独見本市が開催されるのを機に制作されたPR映画「病魔に挑戦する」は、16mmカラー20分。病院などでの日本光電製品の活躍ぶりを通じて、MEの重要性とME企業の将来性、ME業界における日本光電の位置づけを語る内容で、ロケは本社、工場のほか、東京女子医大の手術室などで行われました。ロシア語に続き日本語版、英語版が作られ、展示会のたびに上映。MEの重要性を広めるのに大いに貢献しました。

1992年(平成4年)企業紹介ビデオ 「病魔に挑戦する」日本語版

1992年8月、40周年事業の一環としてさらに広く日本光電を知ってもらうために、企業理念や製品を紹介する企業紹介ビデオをリニューアル制作しました。

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ