文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 日本光電について > CSR(企業の社会的責任) > 環境との関わり

日本光電について 日本光電の会社情報、経営方針、CSRを掲載しています。

環境理念

日本光電は、すべての人々が豊かな生活環境を享受できるよう、
あらゆる企業活動や社員行動を通して、
かけがえのない地球環境の保全と質的向上に努める
制定:2015年9月1日

日本光電は、環境理念に基づき、下記のとおり環境への取り組みを定め、環境活動への取り組みを行っています。

環境方針

日本光電は経営理念、環境理念に基づき、環境マネジメントシステムを継続的に改善し、環境パフォーマンスを向上させる。

  1. 環境配慮型製品の提供
    医用電子機器の開発・生産・販売・保守及び支援業務において、地球環境に配慮した製品・サービスを提供する。
    製品のライフサイクル全体を通じて、省エネルギー、省資源、有害物質の不使用を実現することで、温室効果ガス排出量の削減、有限な資源の持続的な利用に貢献する。

  2. 事業活動における省エネルギーの推進、廃棄物の削減
    全ての事業活動及びサプライチェーンと協働し、低炭素・高効率技術の導入、改善活動を継続的に行うことで、省エネルギーの推進、3R推進による廃棄物の削減、中長期的な温室効果ガス排出量の削減、環境汚染の予防に努める。

  3. 環境関連法規制・協定の遵守
    グローバル企業として、全ての事業活動において、国内外の環境に関する法規制・条例並びに同意した協定を遵守し、気候変動への対応、水資源保護、生物多様性の保全など、利害関係者からの期待に応え、責任を果たす。

  4. 環境教育の推進
    環境問題に関し、見識を深める適切な教育や啓発活動を行うとともに、個々の生産性向上が環境改善活動に結びつけられるよう、教育を推進する。

【3Rとは、Reduce(リデュース:減らす) Reuse(リユース:繰り返し使う) Recycle(リサイクル:再資源化) 】

制定:2017年4月1日

環境目標

2050年度
環境目標
  1. ライフサイクルを通じた温室効果ガス排出量を2013年度比80%削減することを目指し、環境配慮型製品の提供、サプライチェーンとの協働を進める。
2030年度
環境目標
  1. ライフサイクルを通じた温室効果ガス排出量を2013年度比26%削減することを目指し、環境配慮型製品の提供、サプライチェーンとの協働を進める。
2020年度
環境目標
  1. ライフサイクルを通じた温室効果ガス排出量を2013年度比12%削減することを目指し、環境配慮型製品の提供、サプライチェーンとの協働を進める。

ページの先頭へ

ISO14001の認証を取得

ISO14001は、厳しさを増す環境問題に対処するために、全世界の企業・組織体が環境改善を主眼にした活動ができるように作成された国際規格で、環境改善のためのマネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)を構築するための諸要素を規定したものです。
ISO14001の認証を取得するということは、その企業や組織体が社会の一員として環境問題に配慮し、責任ある行動を取っているということを、国際的に認められた機関が厳しい審査の結果、証明していることになります。
日本光電は、病魔の克服と健康増進に先端技術で挑戦していますが、環境マネジメントについてもISO14001の認証を取得し、環境理念の実現に向けた努力を続けています。
日本光電工業株式会社の登録証1 写真 日本光電工業株式会社の登録証2 写真
富岡工場では2001年10月にISO14001:1996の認証を取得し、2005年10月にISO14001:2004の移行審査を受けました。
2007年1月には、本社・工場部門の統合・一括認証登録を行い、2010年、2013年、2016年1月には更新審査を完了しています。2016年には所沢事業所移転に伴い、拡大審査を受審、登録を完了しています。

←クリックすると拡大します。

現在、本社・開発部門の落合・所沢サイト、ME用品の販売・配送を行う鶴ヶ島サイト、ME用品の開発・医用電子機器の安全性・信頼性試験を行う川本サイト、修理・保守を行う藤岡サイト、製造・配送を行う富岡サイトで活動を行っています。

また、2015年7月に署名した国連グローバル・コンパクトの原則に基づき、環境問題の予防的アプローチ、環境に対する責任のイニシアチブ、環境にやさしい技術の開発と普及を環境目標に取り込み、活動を推進しています。

環境マネジメントシステム適用範囲

【1.登録活動範囲】
 医用電子機器の開発、製造、販売、保守及びME用品の開発、製造、販売 

【2.関連事業所】
①日本光電工業株式会社
  東京都新宿区西落合1-31-4 (西落合事業所)
  東京都新宿区上落合2-28-7 (落合高山ビル)
  埼玉県所沢市くすのき台1-11-2 (所沢事業所)
  埼玉県所沢市くすのき台1-1-6 (総合技術開発センタ)
   [医用電子機器の開発、販売及びコーポレートスタッフ業務]
  埼玉県鶴ヶ島市富士見6-2-20 (鶴ヶ島事業所)
   [医用電子機器の試作、製造、配送及びME用品の販売、配送]
  埼玉県深谷市白草台2909-63 (川本事業所)
   [ME用品の開発、製造及び医用電子機器の安全性、信頼性維持のサポート業務]
  群馬県藤岡市中大塚1050-3 (藤岡事業所)
   [医用電子機器修理、保守及び部品販売]

②日本光電富岡株式会社
  群馬県富岡市田篠1-1 (富岡生産センタ)
  群馬県富岡市七日市486 (富岡工場)
  群馬県富岡市富岡2027-1 (富岡第二工場)
   [医用電子機器の製造、配送及びME用品の製造、配送]
 
③株式会社イー・スタッフ
  東京都新宿区西落合1-31-4 (西落合事業所)
  埼玉県所沢市くすのき台1-11-2 (所沢事業所)
   [業務受託、労働者派遣、IT機器販売、保険代理業]

ページの先頭へ

EMS推進体制

EMS推進体制

環境マネジメントプログラムに基づく目的・目標および実績

環境目的 2016年度の環境目標 活動実績
  1. 事業活動の中での環境負荷軽減の推進と汚染の予防
  • 業務改善を行い、業務効率を上げる。
  • 環境配慮型製品の開発を推進し、全ての新規開発製品において従来製品より環境負荷を平均5%低減する。
  • 出荷後一ヵ月以内の初期不良率を2015年度比3%低減する。
  • 預かり修理品の再修理率を0.20%以下とする。
達成率:○
各サイトにおいておおむね順調な活動が実施され、環境負荷軽減が推進できました。
  1. 低炭素社会実現に向けたエネルギーの継続的低減
  • 2016年度予測値からエネルギー原単位にて1%改善する。
達成率:◎
エネルギー原単位、使用量ともに目標を達成しました。
  1. 循環型社会形成への貢献
  • リデュース、リユース、リサイクルを推進し、埋め立て・単純焼却廃棄物量は原単位にて2015年度実績を維持する。
達成率:△
事業所移転等により廃棄物量が増加しました。
達成率 100%◎、80%以上○、80%未満△

環境に関する社内啓発プログラム

●導入教育
入社時、全社員を対象に実施しています。環境問題一般と、規制・法令遵守、ISO14001の仕組みと日本光電の取り組み、環境理念、環境方針、目標の理解、具体事例、全員参加の必要性について認識と理解を進めています。
●隔年教育
隔年で全社員を対象に実施しています。変化した周囲の状況を含め、環境方針、環境目標と各部門の活動の関連について認識を深めます。
●啓発活動
2016年度より「環境の日」を制定し、全社員に向けて環境活動の必要性を周知します。

ページの先頭へ

グリーン調達

日本光電は、日本光電グループの環境理念に基づき、環境に配慮した商品を市場に提供する一環として、環境負荷の小さい製品・部品・材料等の調達(以下、グリーン調達)を推進しています。グリーン調達の推進にあたっては、以下の方針で臨んでいます。
  1. 品質・価格・納期・サービス等に加え、環境保全活動に意欲的な取り組みを実践しているお取引先様からの購入を優先します。
  2. 調達品の選定にあたっては、有害物質を含まない物を優先します。

お取引先様へのお願い事項

日本光電グループは、グリーン調達を推進するために、お取引先様に「お取引先様での環境保全の推進」「環境負荷の小さい製品・部品・材料等の供給」「RoHS指令規制物質不使用証明書の提出」「各種調査へのご協力」をお願いしています。

お取引先様での環境保全の推進

積極的な環境保全の取り組み「環境方針策定・システム整備・教育実施」等をお願いしています。

環境負荷の小さい製品・部品・材料等の供給

納入品については、製品含有化学物質の管理として、以下の徹底をお願いしています。
  1. 製品含有化学物質管理体制の構築。
  2. 有害物質の削減、環境負荷の小さい製品・部品・材料等の調達( グリーン調達) の実施。

化学物質含有調査について

納入品自体の化学物質に関する評価として、化学物質含有に関する調査への回答をお願いしています。
RoHS指令適合品とご回答いただいた部材について適合品証明書を提出していただいています。

ページの先頭へ

環境報告書

2014年度以前の「環境報告書」、2015-2016年度の「CSRレポート」、2017年度からの「日本光電レポート(統合報告書)」はレポートライブラリに掲載しています。

ページの先頭へ

お問合せ先

日本光電グループの環境活動に関するご意見・お問合せは、[環境活動についてのお問い合わせフォーム]に、ご記入ください。

ページの先頭へ

PDFのページをご覧になるには、アドビシステムズ社の Adobe Reader日本語版 が必要です。

日本光電について

会社情報

日本光電の概要、体制、事業内容などについてご紹介します

日本光電の姿勢

経営理念、コーポレートガバナンスなどについてご紹介します

日本光電の取り組み

CSR(企業の社会的責任)についてご紹介します。

ページの先頭へ