文字サイズ

  • 標準標準
  • 大大

ホーム > 「自動体外式除細動器 AED-2100 カルジオライフ」 自主改修のお知らせと日常点検のお願い

 平成 28 年 10 月 12 日作成
平成 28 年 10 月 25 日訂正(*)
お客様各位
日本光電工業株式会社
品質管理統括部部長
仙波 正人
 
「自動体外式除細動器 AED-2100 カルジオライフ」
自主改修のお知らせと日常点検のお願い
 
拝啓
平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、納入させて頂きました「自動体外式除細動器 AED-2100 カルジオライフ」を自主改修させて頂くこととなりました。詳細は以下に示す通りです。
皆様に大変なご心配とご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます。



【改修理由】
本装置のバッテリパックの待機寿命(バッテリパックを装置に装着し、救命に使用しない状態での寿命の目安)は、SB-212V(バッテリパック NKPB-14301[X216])は約2年、SB-214V(バッテリパック NKPB-28271[X217])は約4年となっておりますが、セルフテスト(装置自身が毎日実施する使い捨て除細動パッド、バッテリ、内部電子回路の点検)の際に稀に回路の動作不良により、電源が切れなくなり、バッテリを消耗してしまう現象が、特定ロットのみで増加している事が判明しました。
万一、現象が発生しても、電源を切ってバッテリの消耗を回避できるように、本装置のソフトウェアを修正する自主改修を実施します。

【現象と危惧される健康被害】
本装置は、セルフテストの結果をステータスインジケータ(状態表示器)により使用可の状態(緑色)か、使用不可の状態(赤色)かを表示します。
本事象が発生してバッテリが早期に消耗した場合も、使用できない状態を示す赤色を表示しますので、毎日の日常点検を実施して頂く事により機器の異常に容易に気が付くことができます。そのため、重篤な健康被害が発生する可能性はありません。また、現在までに本事象に起因する健康被害の報告は受けておりません。

【日常点検のお願い】
取扱説明書、添付文書に記載の通りステータスインジケータが緑色に表示されていることを毎日ご確認頂きますようお願い致します。

【改修対象】
販売名称:自動体外式除細動器 AED-2100 カルジオライフ
製品型名:AED-2100
製造番号:一覧  ※こちらから検索できます
数量  :(*)33256 台

【改修方法】
10月末より順次、ソフトウェアを修正する改修を実施します。作業の際には、作業員からご連絡のうえ、ご訪問させて頂きます。

【改修までのお願い】
改修作業は順次行って参りますが、ソフトウェアの修正を実施するまで時間を要する見込みです。今しばらくお時間を頂けますよう、ご理解の程、お願い致します。
万一、本事象によるバッテリ切れが確認された場合は、専用フリーダイヤル「AEDお問い合わせセンタ」までご連絡ください。すぐにお使い頂けるよう手配いたします。

【ステータスインジケータ、バッテリ残量ランプについて】
AEDの状態を色とランプで表示します。
インジケータの場所 インジケータの表示 バッテリ残量ランプ
   ○緑=使用可能の状態
  
○赤=使用不可の状態
○現象が発生すると、全てのランプが
点灯しなくなります。
  

■ AED 使用時には以下の救命の手順に従ってご使用ください。
①救急車を呼ぶ
②胸骨圧迫と人工呼吸を行う
③AED を使用する 万一AED を使えない場合は②を継続する
詳細は弊社ホームページ(http://www.aed-life.com/ をご覧ください。


【自主改修に関するお問合せ先】
ご不明な点につきましては、「AEDお問い合わせセンタ」までお問い合わせください。
専用フリーダイヤル 0120-490-992 (24時間受付)
 
製品の品質には万全を期して参りましたが、このたびは皆様にご迷惑をおかけする結果となりましたことを、重ねてお詫び申し上げます。
本件を機に、なお一層の品質の確保に努力を重ねる所存でございますので、今後ともご指導頂きますようお願い申し上げます。
 
敬具 



ページの先頭へ

改修対象の製造番号

ページの先頭へ